弊所についてAbout Us

  • TOP
  • 弊所について

ご挨拶

弊所は「お客様の立場に立って考える」ことを事務所理念とし、時代に応じてお客様にとってベストな知財サービスを提供してまいりました。
かつては取得した権利の数が重要視された時代もありましたが、昨今は、権利を取得するだけでは足りず、取得した権利を活用することが求められる時代へと変化しています。
このような変化の中、改めてお客様の立場に立って考えた結果、今、私共に求められているのは「お客様のビジネスに貢献する知財サービスを提供する」ことであると強く認識するに至り、これを新たなビジョンとして掲げることとしました。このビジョンを弊所のコアビジネスである明細書の作成に落とし込みますと、「お客様のビジネスに貢献する明細書を作成すること」ということになります。
知財がビジネスに貢献する形は、訴訟やライセンシングのように直接的に貢献する形から参入障壁となって自社のビジネスを守る形まで様々な形があります。どのような形であれ、私共の提供する知財サービスがお客様のビジネスに貢献することが私共の願いであり、そのために必要な明細書を作成することが私共の使命です。
引き続き、ご支援、ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。

  • 代表パートナー弁理士
    代表パートナー弁理士:飯田雅昭

弊所の特徴

技術分野別ではなく、
お客様ごとの組織編成
お客様ごとにジュニアパートナー以上の弁理士を窓口弁理士とするチームを編成しています。窓口弁理士はお客様のよき相談相手です。顧問弁理士のようにお気軽にご相談ください。
お客様の負担を軽減する
ファミリー案件対応
国内外出願およびこれらの中間処理は、発明内容を熟知した同一担当者が担当します。中間処理では各国での対応を踏まえた対処案を、各国の対応内容を一覧表としてまとめた付きで提供します。
高い先行技術調査能力
元特許庁審査官の弁理士が在籍しているため、出願前の先行技術文献調査では、特許庁の審査と同レベルの調査結果を提供することができます。異議申立・無効審判・審決取消訴訟・他社特許有効性鑑定では、対象特許の進歩性を否定する論理構成を構築した上で、その論理に沿う公知文献調査を行います。
中国チームによる
中国知財サービス
メンバーの中国弁理士、日本弁理士、事務スタッフの全員が日中バイリンガルである強力な中国チームを擁し、中国知財に関連する様々な課題をスピーディーに解決することができます。日本語で発明内容をヒアリングし中国語明細書を作成すること、また、その逆も可能です。
外国代理人との
強力なパートナーシップ
長年にわたり信頼関係を築き上げた現地代理人が、外国出願の権利化をサポートします。訴訟まで対応可能な代理人やコスト競争力のある代理人等、お客様のニーズに合った現地代理人を紹介することもできます。
権利化後も
お客様をサポート
弊所には、侵害訴訟を代理可能な付記弁理士が多数在籍しております。権利活用の際には、知財事件を得意とする鷹見弁護士と連携し、技術・法律の両面からお客様をサポートします。異議申立・無効審判・鑑定・訴訟では、案件毎に最適なチームを編制して対応にあたります。

弊所のスタッフについて

弊所のスタッフは、豊富な実務経験とそれぞれの専門性を活かし、お客様の立場に立って考え、お客様のビジネスに貢献する知財サービスを提供して参ります。